ケアマネージャーが知っておきたい高齢者に多い症状のイロハ

医師との連絡のコツ

医療に関することは、専門的な内容が多くあります。
また、命に関わることもあります。
ケアマネジャーなどの介護職ができるケアもあれば、
医師の指示がなければできないケアもあります。
ですから、気になることや不安なことがあればすぐに相談できるような関係が、
医師との間に築けていることが理想です。
しかし、医師との連携に、苦手意識を持っているケアマネジャーは少なくありません。

 

なぜ医師との連携に苦手意識を持っているケアマネジャーが多いのかというと、
連絡をした際に、けんもほろろな扱いを受けたことがあるなどの経験があったために、
嫌な思いをしたくない・・・と思ってしまうからです。

 

誰でも、つっけんどんな対応をされることが分っていれば、
医師との連携に信頼関係を持ってすることができませんが、
医師との連携は、利用者のために必要なことです。

 

嫌な思いをしたくないのは確かですが、「利用者のため」という目的を思い出し、
積極的に医師に連絡をするようにしたほうが医師も助かるはずです。

 

さて、実際に連絡をするときには「なんだか調子が悪そうだ・・・」ということではなく、
具体的で簡潔な情報を医師に伝えることが大切です。

 

FAXやメールで伝えれば、医師の側が落ち着いた時間に対応することができ、
記録にも残るので、急を要さない心配事や不安なことはFAXやメールで対応するほうが良いかもしれません。

 

また、どうしても直接医師とやり取りをするのが難しいという人は、
看護師や薬剤師など、医師とのやり取りに慣れている人に間に入ってもらうという方法もあります。

 

特に、医師と合う機会が少ない病院では、医療ソーシャルワーカーや看護師と顔見知りになることで、
連絡がスムーズになります。

 

介護サービスの利用者さんの体調が優れないと気づいているのに、
医師との連絡をとるのが躊躇されるため・・・という理由から、
利用者さんの体の不調を放っておくことはできませんし、してはいけません。

 

医師の中には病気を治すことを役割だと任じ、生活という視点が少ない人もいます。
そのような医師ににとってケアマネジャーからの連絡を歓迎する理由はあまりありません。

 

しかし、ケアマネジャーなど、介護の現場職員のほうから、
「私たちと連携することによって治療に役立ちますよ」ということを示すことで、
そうした医師の意識も変えていくことができるかもしれません。

 

ケアマネジャーなど、介護の現場職員は、
医師が得ることができない「普段の様子」についての情報を提供することができます。
実際に、利用者さんの普段の様子についての情報を提供することによて、
処方が改善された例もあります。

 

往診をする医師であっても、「普段の様子」についての情報は得られないことが多いので、
治療方針や処方に直結する重要度の高い情報として、
ケアマネジャーなど介護の現場職員が医師に与えるこれらの情報は役立つはずです。

 

医師との連携のコツをつかんで、
スムーズに気持ちよく信頼関係が築けるように努力してみましょう。