ケアマネージャーが知っておきたい高齢者に多い症状のイロハ

身体がだるい

食欲が減少していたり、呼吸苦が見られる場合は何らかの疾患が潜んでいることがあります。

 

症状に気づき次第、速やかに医療者につなぐことが必要な場合

 

食欲がなく、呼吸苦、体重が増加し、むくみが見られ、心臓疾患の既往がある場合、
心不全が疑われます。
緊急な場合は、速やかに医療者につなぐことが必要です。
緩徐な場合も、なるべく早く医療者につなぎましょう。

 

できるだけ早く医療者につなぐことが望ましい場合

 

倦怠感があり、呼吸苦、発熱、痛み、嘔気などがあり、
活動性が低下している場合、咳や痰、腹痛、排尿時痛、頻尿などの症状がある場合は、
胃腸炎、胆道感染、肺炎、尿路感染症などの感染症が考えられます。

 

このような症状の場合や、脱水症状の場合は、
できるだけ早く医療者につなぐことが大切です。

 

緊急ではないが、FAXやメールなどで医師につなぐことが必須の場合

 

不眠、興味の消失が見られる場合は、うつ病が疑われますし、
睡眠薬や精神安定剤などの副作用によって身体のだるさを感じる事もあります。

 

また、口の渇きや多飲、多尿の場合は、糖尿病や高血圧、
めまいやふらつき、顔色が悪い場合は、貧血症が疑われます。
低体温や異様に寒がる場合は、甲状腺機能の低下が疑われます。

 

このような場合は、緊急ではありませんが、
医療者へ連絡をし、指示を仰ぐことが必要です。